2020年の豚山肥太のことのすべて

豚山肥太による詩と小説を綴るページ

遠い記憶から【超短編小説】

 

いつのも学校の帰り道、通学路を帰っている僕、工場の多い僕の住む街には、時々、工場の煙が問題になって、光化学スモッグになっていた。

 

見慣れない、工場の扉を開けると、玄関があって、今日からこの家に住むことを理解した。同じような年の子供が、3人いて、うまくやっていけるか心配だったけど、ファミコンやっているうちに、お互いの名前も覚えていた。

 

ケラケラを笑いながら、僕らは近所の銭湯まで、お父さんの人に連れられていった。洗い方がなってないと、お父さんにゴシゴシと身体をあらわれた。それは、嫌ではなくて、少し、何か気持ちが温かかった。

 

僕らはみんなで揃って風呂上がりにアイスを食べながら、扇風機に吹かれていた。

銭湯の上部に設置されたテレビでは、見たことのないアニメがやっていて、フューチュラマというと、番台さんが教えてくれた

 

番台さんの座った場所はどんどん上に上がっていって、先頭の天井はそのまま、開閉式のように開いた。

 

君も来るかい?

 

番台さんは僕にだけそうたずねる。他のみんなは巨人阪神戦に夢中だ。

 

覚悟はいいか?

 

僕はうなづくと、マッサージチェアに乗り込んだ。

 

10.9..8.

 

カウントダウンが始まり、僕はオリンピックの開会式で、聖火を持って、開会式の会場のど真ん中で、観衆に囲まれて、マッサージチェアに座っていた。

 

7.6.5.

 

ふわっと、マッサージチェアは下に装着したジェットエンジンの力で宙に浮いた。

 

番台さんは聖火台のところにいて、矢沢永吉のタオルを振り回しながら、SPの人たちに連れていかれていた。

 

どうしたら、いいかわからなかったけど、その場で、急いで、オリンピックの競技にあれこれ、飛び入り参加して、20個ばかり金メダルを取って、会場に戻った。

 

戻った会場は、祭りが終わった近所の神社で、ヤンキーのカップルが、木陰でじゃれている。

僕は自然をよそおってカップルの横をなんなく通り、そのまま、北極を目指し歩きはじめた。

僕は、まだかろうじて、開いていた露店で金メダル20枚を、たこせんに変えると、アムンゼンとスコットの比較をはじめた。

 

僕が色んな書物から検証にあたっていると、秋風がやってきて、書物やら、スマートフォンやら、マザーコンピューターやら全て、吹き飛ばしてしまって、

 

僕は、どこまでも長く続く、両隣が工場の、まっすぐな通学路にランドセルを背負って、立っていた。

 

どうせなら、荒れた荒野のど真ん中のハイウェイの方が良かったと思いながら、

僕はきっと沢山傷ついて、きっと沢山悲しい思いをするだろう、人生とかいうやつを、

とにかく歩き出した。

 

秋風はまだしばらくは吹いていた。