2020年の豚山肥太のことのすべて

豚山肥太による詩と小説を綴るページ

2020-06-03から1日間の記事一覧

遠い記憶から【超短編小説】

いつのも学校の帰り道、通学路を帰っている僕、工場の多い僕の住む街には、時々、工場の煙が問題になって、光化学スモッグになっていた。 見慣れない、工場の扉を開けると、玄関があって、今日からこの家に住むことを理解した。同じような年の子供が、3人い…