2020年の豚山肥太のことのすべて

豚山肥太による詩と小説を綴るページ

短編小説

大学門に恋をして【小説】

大学が始まる頃だと街にある大学に向かった。 もう大学が始まって、だいぶ時間が経っていたいたようで、僕は大学に入るには単位が不足していると告げられた。 変わった女の子がいて、エキセントリックでその子の前でいい格好をしようと、彼女の描いた抽象画…