2020年の豚山肥太のことのすべて

豚山肥太による詩と小説を綴るページ

仮面【超短編小説】

この辺りには、スーパーが無い。おかげで駅前のコンビニがスーパーがわりだ。

今日も一日、厚い仮面をかぶって外回りをしてきた。

疲れた体を背負って、僕は、コンビニによる。

「いらっしゃいませ」と愛想良く僕を迎えるその声の主は、たぶん、はたちそこいらの大学生かフリーターだ。店の客は僕一人みたいだ。

カゴを取って、そこに今日の晩飯と晩酌になりそうなものを入れていく。

発泡酒を手に取って、額に当てる。ゾクッとくる感じと一緒にため息がもれる。

レジ近くに行って、夕刊紙の見出しに目をやる。

高校生の頃好きだったアイドルがヌードになったという見出しにひかれ、カゴにいれる。

新聞はゴミになるだけなので、とっていない。

買うのはこんな時くらいだ。

レジにいく、愛想良く僕を迎えたアルバイトは丁寧にレジをする。一定の声のトーンで値段を告げる。

「こいつも仮面かぶって、やってんだろな。何考えてんだか。」そんな事を考えながら、弁当を温めてもらいレジを済ませた。

コンビニを出て、アイドルの記事を読もうとした時、後ろで声がした。

「お客さーん!」

そう言って、さっきのアルバイトが走ってくる。さっきとは全然違う声だ。

「すいません。あの、お箸忘れてました。すいません。」

ハァハア、言いながら僕の袋に箸を入れる。

「あっ、ありがとう。」

そういうと、また「すいませんでした。」と言って、コンビニの方に走って帰っていった。

別に箸くらいあるのに・・・。そんな思いよりも、箸ひとつで走ってきたアルバイトの気持ちがうれしかった。

たぶん、たぶん・・・あいつの仮面は、僕よりずっと軽くて、薄いんだろう。

懐かしい気がした。冬の夜だった。